「買って企業応援を」 浜松商議所、HPで特集

2020年3月19日 02時00分 (5月27日 05時26分更新)

浜松商工会議所が会員事業所を支援するために開設した「緊急企画!買って応援プロジェクト」の画面=浜松市中区で

 新型コロナウイルスの感染拡大で経営に影響を受けている地元事業所を支援するため、浜松商工会議所は十八日、商議所のウェブサイトに「緊急企画!買って応援プロジェクト」のコーナーを開設した。イベントの中止や外出の自粛で、売り上げ減少や在庫過剰などに苦しむ事業所を紹介し、消費者に購入を促す。
 自宅で過ごすための「巣ごもり消費」に対応し、出前や宅配サービスを扱っている事業所を紹介する「自宅までお届け情報」と、それ以外の「その他のお得情報」に分け、困難に直面する事業所を掲載。それぞれの商品やサービスのほか、消費者に訴えるメッセージも盛り込んだ。
 開設時点で合わせて十六事業者が登録。このうち出張バーベキューサービスのアンドバーベキュー(浜松市北区)は「イベントが立て続けに中止になり困っています」として、花見や歓迎会などでの利用を呼び掛けている。飲食店のピッツァなお(中区)も「催事が中止となり在庫が余っております!」と訴え、十種類の冷凍ピザを店頭で25%引きで販売するとしている。
 登録は会員事業所のみで無料。浜松商議所のウェブサイトで必要事項を入力すると、簡単なチェックを経て情報が掲載され、商議所の広報誌などにも載る。担当者は「地域一丸となって難局を乗り切るための方策にしたい」と意気込む。問い合わせは浜松商議所商業観光課=電053(452)1114=へ。
(伊東浩一)

関連キーワード

PR情報