スズキ インドの工場停止、来月14日まで

2020年3月26日 02時00分 (5月27日 05時26分更新)
 スズキは二十五日、インドのモディ首相が新型コロナウイルス対策で全土封鎖を表明したことを受け、同国内の全工場の操業停止を来月十四日まで続けることを決めた。再開時期は当局方針に従うとしている。
 スズキは今月二十三日から三カ所の四輪車工場と二輪車工場の稼働を一時停止している。営業や事務の社員は在宅勤務で対応する。
 二十四日から南部チェンナイの工場を停止したヤマハも「政府の要請に従う」(広報担当者)とした。再開時期は未定。デリー首都圏の販売拠点の社員は在宅勤務に切り替えた。
 ヤマハ発動機は今月末までの予定で三カ所の二輪車工場を停止中。二十五日夕時点では現地から変更の連絡はないという。
(山田晃史、鈴木啓紀、久下悠一郎)

関連キーワード

PR情報