本文へ移動

【中日】今季の本拠地1号は山下斐紹!7回石山から3ラン パンチ力をアピール、開幕1軍に一歩前進

2022年3月5日 16時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
山下斐紹

山下斐紹

◇5日 オープン戦 中日―ヤクルト(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の山下斐紹捕手(29)が、今年の本拠地初本塁打となる3ランを放った。
 7回の一塁守備から途中出場。2―1の1死二、三塁の好機、3ボール1ストライクからのヤクルト3番手・石山の低めの変化球をすくい上げ、右翼席に放り込んだ。
 捕手登録ながら、打力を買われて一塁や左翼をこなして出番をうかがう。中日2年目、パンチ力でアピールして開幕1軍に一歩前進した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ