本文へ移動

【DeNA】銀二、5日のオリックス戦先発 母に勧められたワインドアップ「三浦の名に恥じないよう」

2022年3月4日 21時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA・三浦銀二

DeNA・三浦銀二

 DeNAのドラフト4位・三浦銀二投手(22)=法大=が5日のオリックス戦(横浜)でプロ初先発のマウンドに抜てきされる。相手は球界のエース山本。他球団は開幕投手は調整時期だが、DeNAは無欲の右腕が開幕ローテ1次試験突破へ腕をぶす。
 「緊張してます。自分が持てるものを全て出してしっかりアピールできれば。先発でやりたいなと思っていたので、しっかりアピールしたい」
 初登板は2月26日の日本ハム戦(名護)の3番手で、1イニング無失点。その内容を評価され、1日の練習中に先発を伝えられた。キャンプのブルペンでは振りかぶるフォームで制球力を披露。小学校5年生の時に、松坂大輔さんの豪快な投げ方をイメージした母親から「振りかぶった方がかっこいいんじゃない」と言われ、以降はずっとワインドアップだ。姓がハマの番長と同じとあって、嫌でも注目を浴びる。「勝手に親近感沸いちゃっているんですけど。しっかり三浦の名に恥じないようなピッチングができればいい」
 一方の三浦大輔監督(48)も孝行息子出現を期待した。「コントロールもいいし直球に力もある。長いイニング投げてどうなのか見てみたい」。三浦が昨季のパ・リーグ覇者相手にどんな投球を見せるか興味津々だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ