本文へ移動

【中日】育成出身2年目左腕・近藤が1イニングをピシャリ「甘いコースに投げてしまった」しっかり反省も

2022年3月3日 21時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回裏に登板する近藤

7回裏に登板する近藤

◇3日 オープン戦 ソフトバンク3―5中日(ペイペイドーム)
 4番手で登板した中日の育成出身2年目左腕・近藤廉投手(23)が1イニングを無得点に抑えた。7回から登板し、先頭の海野に左前打を許し、犠打で1死二塁。得点圏に走者を置いたが、“真っスラ”と変化球で三森、松田を打ち取った。
 ただ結果には満足していない。「0点で帰ってくることはできましたが、反省しないといけない場面がありました。松田さんの時に勝負を急いでしまい、甘いコースに投げてしまいました」と振り返った。課題を持って次回登板へと臨む。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ