本文へ移動

アレルギーのお友達を思う 愛知学泉短大生が乳幼児向け紙芝居制作

2022年3月3日 05時00分 (3月3日 05時01分更新)
紙芝居を作った菅沼さん(左)と杉山さん=岡崎市舳越町で

紙芝居を作った菅沼さん(左)と杉山さん=岡崎市舳越町で

 愛知学泉短大(岡崎市舳越(へごし)町)の幼児教育学科の学生が、食物アレルギーをテーマに乳幼児向けの紙芝居を作った。市内の幼稚園で披露する予定だったがコロナ禍で中止となり、読み聞かせの様子をDVDに収録し、希望する幼稚園や保育園などに送る。学生たちは「紙芝居を通して子どもたちにアレルギーのことを知ってもらいたい」と話す。 (鈴木渉太)
 紙芝居作りは、「子どもの食と栄養」の授業を中心に取り組み、生活デザイン総合学科講師の大森有希乃さんが指導した。六十八人が計十二作品を作った。
 二年の杉山愛花(あいか)さん(20)、菅沼歩夏(あゆか)さん(20)ら六人は卵アレルギーのある園児のために誕生日ケーキを作る物語「とくべつなおたんじょうびケーキ」を手掛けた。
 生クリーム、牛乳、砂糖といったケーキの材料や作り方を歌を交えて紹介。卵が入っていないことに疑問を持った園児には、卵を食べるとせきや鼻水、顔が赤くなるといったアレルギー反応についても説明した。二人は「アレルギーがある子もない子も、おいしく食べられることを小さい子どもに知ってほしい」と願い、絵の具で十枚の紙芝居に仕上げた。
 杉山さんは「特別な配慮が必要だと分かれば、思いやりの心を持って接することができる」、菅沼さんも「自分の近くにいるかもしれないと思いを巡らせて、気にかけてもらえるようになってほしい」と話す。
 DVDを希望する乳幼児関連施設や団体は大森さんのメール=yomori@gakusen.ac.jp=へ。送付対象は乳幼児関連に限る。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧