本文へ移動

【DeNA】期待の若手、森敬斗が開幕絶望 右ハムストリングの肉離れと左足首のねんざ…長期離脱避けられず

2022年3月1日 18時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
森は三塁を回ったところで転倒し負傷

森は三塁を回ったところで転倒し負傷

 27日の巨人とのオープン戦(那覇)で、三塁走塁時に脚を痛めたDeNA・森敬斗内野手(20)は1日、横浜市内の病院で診察を受け、右ハムストリングの肉離れと左足首のねんざと診断された。長期離脱は避けられず、2軍でのリハビリ組み合流が決定。開幕絶望となった。
 三浦監督は「きょう(1日)の朝病院にいって診断された。心配ですね」と悲痛な表情。治療中のため、まだ直接話をしていないが「(監督としても)痛い。状態が良かったし。しっかりとリハビリしてしてほしい」と声を絞り出した。
 森は6回に三塁を回ったところで転倒し退場。三浦監督が「左足首をひねった」と説明していた。試合後には、自力で歩いて軽傷とみられていたが、両足のけがが判明した。
 森は石井コーチの指導で急成長し、沖縄での練習試合とオープン戦の対外試合計6試合に出場し、23打数8安打、打率3割4分8厘の好成績を挙げていた。2番や1番の打順も試されて、遊撃の開幕スタメン候補だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ