本文へ移動

<九州発!河野剛志の釣り日誌>吹上浜でブリのナブラ撃ち!

2022年3月1日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「本命ゲット!」カタクチイワシをたらふく食べて脂の乗った寒ブリはズッシリ重い9キロ=93センチ

「本命ゲット!」カタクチイワシをたらふく食べて脂の乗った寒ブリはズッシリ重い9キロ=93センチ

 砂浜に立つと心地よい潮風と海の香りが気持ちよい。鹿児島県・薩摩半島の東シナ海側にある吹上浜は冬から春のブリ狙いが人気で、3月を迎えた現在も好調に釣れ続けている。よく釣れた一昨年のように大きなナブラが発生するが、今年はカタクチイワシのサイズがまばらで攻略が少し難しい。吹上浜は遠浅サーフがゆえ、ナブラ撃ちで扱いやすいルアー選びやカタクチイワシが多いエリアを見極めるポイント選びがとても重要になってくる。今年の傾向を含めてご紹介したい。 (河野剛志)

◆ベイトのカタクチ 今年は5〜10センチ混在

 春に近づくほどブリの餌となるカタクチイワシは大きくなり、餌を偏食しなくなるのでルアーを選ばず釣りやすい傾向になるのが昨年までのパターン。しかしながら今年の吹上浜は5〜10センチほどのカタクチイワシが混在しており、ブリはたくさんいるがルアーを見切り、釣り上げるのが少し難しい状況が続いている。小さいイワシが多いほど、大きなルアーや早巻きには反応しなくなるので、状況に合わせたルアーの使い方が必要となっている。

◆浜の状況に合わせてルアーを選ぶ必要あり

 今年も3月が近づき大規模ナブラが多くなり手軽に釣れるようになってきた。ただ、ルアーは何でも釣れるというわけではない。次のような条件が必要となる。
 (1)向かい風でも沖のナブラまで届く飛距離が出る。
 (2)ゆっくり巻いても大きく泳いでアピールできる。
 (3)巻くのを止めると水平フォールして弱った小魚のようにヒラヒラ落ちる。
 (4)水深が1〜2メートルなのでゆっくり沈む30グラム前後。
 (5)水質がクリアなのでカラーはUVカタクチイワシやUVクリアなど見切られにくいもの。
 これらの要素が詰まっているナブラ撃ちに適したルアーに釣果が集中している。ブリのナブラ撃ちは全国でもこの吹上浜だけといってもいいほどの有名な釣りだが、この釣りで扱いやすく開発したガンガンサーフヒラペンは、渋い時も安定した釣果が出ていて、連日多くのアングラーさんから釣果報告が聞こえてくる。私が3年ほどかけて開発したこのルアーが活躍してくれるのはうれしい限りだ。

◆北西風収まったナギの日一番!小河川の河口近くでイワシの姿チェック

 ブリのナブラが起こる兆候とは?
 吹上浜は九州各地から片道2時間以上かけて遠征し、大物を仕留めて喜ぶ人がいる一方、タイミングが合わずナブラさえ見られず帰る人も多いのが現状だ。何度も通えばその傾向を見つけることもできるが、毎週何度も通っている私でさえ予測しにくい状況もある。
 この釣りで釣果に一番影響を及ぼすのが強い北西風で、風速3メートル以上が続くと濁りが入りベイトが沖に出てしまう。風が吹いていてもベイトが多ければブリの回遊はあるが、風が弱くなる朝や夕方にチャンスが1回あるかないかというシビアな状況だ。そのため、確実にナブラが発生しそうな日を選ぶとしたら風が収まったナギの日が良い。そのようなナギの日が続けば続くほど、ベイトはどんどん接岸するのでさらに釣果は望める。天気と風の強さを事前にチェックし釣れそうな日に目星をつけておくのがいいだろう。
 そして、この釣りで一番悩むことが釣り場選び。47キロメートルと広大な砂浜のどこに現れるか分からないブリ。ナブラが起こる朝夕や満潮前後の時間帯の前にナブラが起こりそうな場所で待ち伏せするのがこの釣りのキモとなる。
 ナブラは突然現れて数分で消えてしまうので目の前で起これば大物をキャッチできるが、日時や場所を間違えば何も釣れないといったギャンブル的要素もある。
 事前に餌となるカタクチイワシが多いところを見つけていれば、その確率を高めることができる。カタクチイワシが多い時は高台からだと黒い帯状になっている群れを見つけることができるが、ほとんどの場合は目視できるほど多くないので、点在する小河川の河口近くにある深みなど小魚が集まりやすい場所にイワシが打ち上げられていないかをチェックするのがいい。カタクチイワシがいなければブリも回遊してこないので、釣り場を見て回ったり、前日の状況を地元アングラーに聞いてみるのがよいだろう。
 今年もカタクチイワシの接岸がよく80センチ〜1メートルほどのブリが連日よく釣れている。ブリは3月中旬ごろまでがベストシーズン、ブリが少なくなったら座布団ヒラメが狙える。吹上浜のサーフゲームはこれから暖かくなっても釣れるので大物狙いで足を運んでみてはいかがだろうか。
<タックル紹介> 
【ロッド】テイルウォーク/サーフラットSSD 98M
【リール】テイルウォーク/スピーキー 3000HGX
【ライン】シーガー/PEX8ルアーエディション 1.2号
【リーダー】シーガー/プレミアムマックス 6号
【ルアー】オーシャンルーラー/ガンガンサーフヒラペン95S
【ウエア】パズデザイン
<釣り場> 鹿児島県日置市永吉川周辺
<アクセス> 鹿児島空港から九州自動車道で約1時間
<河野剛志(こうの・たけし)> 関東生活12年を経て地元鹿児島にUターン。釣具開発スタッフ時代に日本全国を釣り歩いた経験を生かし、九州の釣りの魅力を配信。ルアーデザイナーの傍ら、「エギ作り教室」にて鹿児島発祥のエギ作りの文化継承にも努めている。わくわくおさかなアカデミー代表。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ