本文へ移動

トヨタ国内全工場停止 主要仕入れ先にサイバー攻撃被害か

2022年3月1日 05時00分 (3月1日 05時01分更新)
 トヨタ自動車は二十八日、仕入れ先のシステム障害で部品供給が滞ったとして、国内の全十四工場二十八ラインの稼働を三月一日に停止すると発表した。複数の関係者によると、仕入れ先の部品メーカーがサイバー攻撃の被害を受けたとみられる。サイバー攻撃でトヨタの国内全工場の稼働が停止するのは初めて。
 被害を受けたのは、車の内外装の樹脂部品を製造している主要取引先の「小島プレス工業」(愛知県豊田市)。同社の担当者は本紙の取材に「サイバー攻撃を受けたとみられ、社内のサーバーがダウンしている。トヨタや専門家と復旧に向けた対応を検討している」と話した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

おすすめ情報