本文へ移動

1イニング3K零封だったマルクの力投に立浪監督「非常にいいアピールをしている」【中日】

2022年2月27日 21時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回に登板した中日・マルク

7回に登板した中日・マルク

◇27日 オープン戦 楽天9―7中日(北谷)
 9回に登板した中日のマルクが最速149キロの直球を武器に1イニング無失点、3奪三振と力投した。
 先頭の和田恋をチェンジアップで空振り三振に仕留めると、辰己は直球で見逃し三振。その後2死一塁とされたが、最後は石原から高めの直球で空振り三振を奪い「ゼロに抑えられてよかったです。次も今までやってきたことを継続して、このような投球ができるように頑張りたい」とコメントした。
 立浪監督も「沖縄でいい結果を出してますし、非常にいいアピールをしていると思います」とうなずいた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ