本文へ移動

王者敗れる波乱で井岡一翔の統一戦が事実上の白紙【ボクシング】

2022年2月27日 17時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
井岡一翔

井岡一翔

ボクシングのIBFスーパーフライ級タイトル戦が27日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、王者ジェルウィン・アンカハス(30)=フィリピン=が同級11位フェルナンド・マルティネス(30)=アルゼンチン=に大差の判定0―3で敗れる波乱が起きた。
 アンカハスはWBO同級王者の井岡一翔(32)=志成=と昨年大みそかに日本で2団体統一戦を行う予定だったが、新型コロナウイルス水際対策強化の影響で延期。互いに1試合を挟んで今夏に改めての試合を計画していたが、これで事実上白紙となった。
 志成ジムの二宮マネジャーは「この結果は予想していなかった。井岡が統一戦をしたいということは変わらないので、今後はマルティネスはもちろん他団体王者も含め広く可能性を探っていく」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ