本文へ移動

「いい感じで準備できている」大けがから復帰のFW金崎夢生、完全復活へ好調アピール【グランパス】

2022年2月27日 16時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボールキープの練習をするFW金崎

ボールキープの練習をするFW金崎

 名古屋グランパスは27日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。昨季、右膝前十字靱帯(じんたい)損傷などの大けがから復帰したFW金崎夢生(33)は、23日のルヴァン杯1次リーグ・清水戦(豊田ス)で復帰後初となる先発出場。この日も好調をアピールし、完全復活への着実な歩みをうかがわせた。
   ◇   ◇
 その目に熱い思いがたぎっている。清水戦、金崎は開始早々の前半3分に最初のシュートを放つなど好調をアピール。この日の練習でも、ミニゲームで前を向き、果敢に仕掛ける姿勢が目立った。「いい感じで準備できているのは実感している」。苦難を乗り越えてきた自信とゴールへの渇望を短い言葉ににじませた。
 「どれだけ準備をして、ここに照準を合わせていたかは見ていた人が一番分かっていると思うし、それが全て。しっかりピッチで表現できるように練習から準備するだけだと思う」
 2020年11月11日の広島戦(Eスタ)で右膝前十字靱帯と外側半月板を損傷。手術とリハビリを経て、昨年8月29日のJ1清水戦(豊田ス)で復帰するまで300日近くを費やした。
 今季は監督が代わり、志向する戦術も変わった。しかし、金崎は「どんな監督の下だろうと、どんな戦術だろうと自分のプレーで勝負するというのが、僕が今までやってきたサッカー」と話す。闘志あふれるプレースタイルには、戦術を選ばず活躍できる自信を持っている。
 3月2日に控えるルヴァン杯の次戦は、負傷した時と同じEスタでの広島戦。「相手どうこうは、正直全然考えてない。自分がどうプレーするかにしか目線は置いていない」。ストライカーは口ではなく、ゴールという結果で雄弁に復活を宣言する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ