本文へ移動

感謝祭に今季最多の来場者 王滝・御嶽スキー場

2022年2月27日 05時00分 (2月27日 19時37分更新)

御嶽山をバックに、ゲレンデを自転車で走る来場者=王滝村の御嶽スキー場で

 噴火警戒レベルが1から2(火口周辺規制)に上がった御嶽山の御嶽スキー場(王滝村)で二十六日、「スキー場感謝祭」があり、今季最多となる千十二人が来場した。同スキー場は現時点で警戒が必要な範囲内ではなく、支配人の家高里加子さん(35)は「営業への悪影響が不安だったがホッとした」と笑顔を見せた。
 感謝祭はスキー場の標高二、二四〇メートルにちなみ、二月二十四〜二十七日に開催。リフト一日券を減額するほか、ゲレンデの一部では雪上を走る電動アシスト付き自転車の試乗会が開かれる。
 二十六日は御嶽山をバックに、自転車で駆け回る来場者でにぎわい、浜松市の会社員増田潤哉さん(37)は「意外と普通に走れて驚いた。ちょっとおっかないけど楽しい」と喜んでいた。
 同スキー場は御嶽山の警戒レベルが引き上げられた二十三日以降、多い日には三十件ほど安全状況を尋ねる電話が寄せられた。家高さんは「このまま噴火が起きずレベルが下がってほしい」と話した。 (戸田稔理)

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧