本文へ移動

サウジで日本馬旋風!ステイフーリッシュは3年9カ月ぶり勝利 ルメール、サウジカップデー3連勝

2022年2月26日 23時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
レッドシーターフハンデキャップを制したステイフーリッシュ(AP)

レッドシーターフハンデキャップを制したステイフーリッシュ(AP)

◇26日 競馬 レッドシーターフハンデキャップ(G3) 芝3000メートル(サウジアラビア)
 唯一の日本馬として出走したステイフーリッシュ(牡7歳)が3000メートルを逃げ切って、2018年の京都新聞杯以来となる3勝目。ルメール騎手は1レースのネオムターフカップ(G3)のオーソリティ、2レースの1351ターフスプリント(G3)に続き、サウジカップデー日本馬での3連勝となった。
 スタートから先頭に立ったステイフーリッシュは終始自らのペースで逃げ、直線に入ると逆に差を広げて、悠々とゴール板を通過した。
 ルメールは「信じられない。先頭に立って非常に快適にレースができた。素晴らしい手応えだったよ」と笑顔でレースを振り返った。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ