本文へ移動

【J1名古屋】「脳振とうまたは脳振とう疑いによる交代」相馬勇紀が後半44分に後頭部を強打

2022年2月23日 18時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋―清水 後半、担架に乗せられる名古屋・相馬

名古屋―清水 後半、担架に乗せられる名古屋・相馬

◇23日 Jリーグ ルヴァン・カップ1次リーグ第1節 名古屋0―0清水(豊田スタジアム)
 途中出場の名古屋FW相馬が後半44分に「脳振とうまたは脳振とう疑いによる交代」となり、担架で運ばれて退いた。19日のJ1開幕節・神戸戦(豊田ス)で先発出場したこともあり、この日はベンチスタート。試合途中からの登場で、何度もチャンスをつくっていた。
 後半41分、自陣でドリブルしていた時に清水のFW栗原に倒され、後頭部を強打。ピッチに倒れ込んだまま起き上がることができなかった。相馬は病院へ直行。長谷川監督も試合後「詳細はまだ分からない」と話すにとどまった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ