本文へ移動

カーリング鈴木夕湖は五輪選手村で”勧誘活動”…フィギュアのあの2人が晴れて「新入部員」に

2022年2月23日 16時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
北京五輪カーリング女子で銀メダルを獲得した日本チーム、中央が鈴木夕湖(AP)

北京五輪カーリング女子で銀メダルを獲得した日本チーム、中央が鈴木夕湖(AP)

 北京五輪のカーリング女子で日本史上初の銀メダルを獲得した日本代表・ロコ・ソラーレのメンバー5人は23日、オンライン会見に応じた。全員が「感謝」という言葉を並べてチームの仲間、コーチらスタッフ、そして日本列島から応援を送ってくれた人たちへの思いを口にし、スキップ藤沢五月(30)は「感謝の気持ちを一番抱いた大会だった」と振り返った。
 セカンド鈴木夕湖(30)は選手村でのエピソードを披露した。「私、勝手に『ちび部』というのを発足し、なんか勝手に活動しているんですけど」と話し始めた。部員は小学時代から同じチームでプレーする吉田夕梨花(28)。鈴木は146センチ、吉田夕は152センチと小柄。それでもブラシで氷をはく持ち場のスイープ力は、見た目とは異なることから「クレイジースイーパーズ」とも呼ばれ、海外からの評価も高い。
 今回、部活動を「アスリートにも広げたい」と選手村で新入部員の勧誘を繰り広げたという。「無事に入部していただくことができました」と挙げたのはフィギュアスケーターの2人。今大会で銀メダルを獲得した鍵山優真(18)=オリエンタルバイオ・星槎=と、日本初の団体銅メダルに貢献した樋口新葉(21)=明大=が晴れて、新入部員となった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ