本文へ移動

21年のCM王は斎藤工 起用社数トップは21社の本田翼

2022年2月22日 16時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
斎藤工

斎藤工

 ビデオリサーチ調べによる「2021年 年間CM出稿動向」が22日に発表され、関東地区ではタレント別出稿量(秒数)で俳優の斎藤工(40)が31万535秒で1位を獲得した。斎藤はIndeed、キューピーコーワ、アサヒスタイルフリー生などのCMに出演している。
 2位はユニクロや日本生命・みらいのカタチなどのイメージキャラクターを務める綾瀬はるか(36)、3位には楽天モバイルなどでおなじみの米倉涼子(46)がランクインした。以下10位まで、吉岡里帆(29)、永野芽郁(22)、浜辺美波(21)、芦田愛菜(17)、大泉洋(48)、泉里香(33)、神木隆之介(28)と、若手人気女優が存在感を示した。
 タレント別テレビCMの起用社数では、ソフトバンクやアサヒビールなど21社の“顔”になった本田翼(29)、次いで橋本環奈(23)と広瀬すず(23)が20社で2位タイとなった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ