本文へ移動

子育て支援に重点 犬山市予算案、一般会計過去最大264億円

2022年2月22日 05時00分 (2月22日 11時26分更新)
 犬山市は二十一日、一般会計で過去最大となる二百六十四億円の二〇二二年度当初予算案を発表した。保育士増員など、子育て支援や子どもの安全安心に関わる予算を重点配分した。借金(市債)を七・五億円減らし、貯金(基金)を七・二億円積み増すなど財政健全化にも配慮し、山田拓郎市長は「発展持続型予算」と名付けた。 (水越直哉)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧