本文へ移動

ビンドゥンドゥン、災難! 辻岡義堂アナを驚かそうとするも… 「ワー、ちょっとどういうこと!?」

2022年2月21日 14時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビンドゥンドゥン

ビンドゥンドゥン

 北京五輪の大会マスコット「ビンドゥンドゥン」を愛し、中国で「ギドゥンドゥン」の愛称で親しまれている日本テレビの辻岡義堂アナ(35)が21日、同局朝の情報番組「スッキリ」に出演。本家・ビンドゥンドゥンの着ぐるみとの波乱の?共演が話題となった。
 国際放送センター前に立った辻岡アナは、20日で閉幕した北京五輪を回顧し「海外メディアも少なくなりまして、余韻に浸りながら無事に開催しきれた安心感に包まれている」と現場の雰囲気を解説した。
 その後、MC加藤浩次とのやりとりをしている辻岡の背後のドアからビンドゥンドゥンの着ぐるみが登場。だが着ぐるみが大きすぎて、ドアに挟まってしまった…。進めず足をパタパタしていると、事態に気づいた同局スタジオの森圭介アナが指摘。
 現場のスタッフからも指摘されたのか、いぶかしげに振り返った辻岡アナは「ワー、ちょっとどういうこと!?」と混乱しながらドアに駆け寄った。引っ張ろうとするも、ビンドゥンドゥンはびくともしない…。加藤がスタジオから「引っ張りだせ!」と冗談めかして呼び掛け、ここでCMに切り替わった。
 CMあけには、ドアを無事に通過したビンドゥンドゥンと辻岡アナ、山本紘之アナの3人がセンター前に並ぶ姿が。ここでビンドゥンドゥンへの質疑応答が行われ、スタジオの榊原郁恵が「日本に来る予定はないのかな?」と尋ねると、イエスの返答をした。
 ネット上ではこの災難ややりとりが話題に。「ギドゥンドゥンが救出に行くの面白すぎたww」「ビンドゥンドゥン可愛い、挟まってるw」「あぁぁぁワロタw」「ギドゥンドゥンとのやりとりも可愛かった」と2ショットに萌えたという声が散見された。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ