本文へ移動

IOCバッハ会長と習近平国家主席のバードウオッチングスタイルが話題に【北京五輪閉会式】

2022年2月20日 21時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
IOCのバッハ会長(左)と習近平国家主席

IOCのバッハ会長(左)と習近平国家主席

◇20日 北京五輪閉会式(国家体育場)
 北京冬季五輪の閉会式が20日夜、北京市の国家体育場(愛称・鳥の巣)で行われ、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と中国の習近平国家主席が貴賓席から見守った。バッハ会長がメガネを外し、双眼鏡を使って見ている様子が中継で移ると、ツイッターでは“バードウオッチングスタイル”と話題になった。
 眼下で分厚い上着や手袋をした選手たちが続々と行進する中、習主席とバッハ会長は双眼鏡でじっくり観察。ツイッターでは「メガネを外す。そして双眼鏡でキョロッ」「双眼鏡で選手チェックしてるバッハ会長もう野鳥協会なんだけどwwwwww」「誰見てるんだろ?」などの指摘が相次いだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ