本文へ移動

北京五輪閉会式 旗手の郷亜里砂を先頭に坂本花織らが行進「このうれしさは一生忘れません」

2022年2月20日 21時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
北京冬季五輪の閉会式に参加する日本選手団

北京冬季五輪の閉会式に参加する日本選手団

◇20日 北京五輪閉会式(国家体育場)
 北京冬季五輪の閉会式が20日夜、北京市の国家体育場(愛称・鳥の巣)で行われ、計109種目で争われた、17日間の冬の祭典が閉幕を迎えた。日本選手団はスピードスケート女子の郷亜里砂(34)=イヨテツク=が開会式に続いて旗手として最初に入場。その後、フィギュアスケート女子シングル、団体銅メダルの坂本花織(21)=シスメックス=ら選手、スタッフが行進した。スピードスケート男子500メートル銅メダルの森重航(21)=専大=は数人掛かりの騎馬の上に乗って手を振りながら入場した。
 坂本はチームを通じて「今回、団体と個人でメダルを取ることができ、とてもうれしいです。平昌からの4年、うれしいこと苦しいことをたくさん経験しましたが、最期の最後まで諦めなかった結果が3位という結果に結びついたと思います。このうれしさは一生忘れません」とコメントした。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ