本文へ移動

土木Q(どぼきゅー) 何個解けるかな 小松の江口組 業界動画で学会優秀賞

2022年2月21日 05時00分 (2月21日 10時00分更新)
土木に関するクイズを楽しめる江口組が制作した「土木Q」の動画

土木に関するクイズを楽しめる江口組が制作した「土木Q」の動画

  • 土木に関するクイズを楽しめる江口組が制作した「土木Q」の動画
  • 動画に出演し、受賞を喜ぶ江口組の社員らと江口充社長(右)=小松市殿町の江口組で

「お堅いイメージ払拭したい」

 創業100年を超える小松市殿町の土木会社「江口組」が、業界への親しみを持ってもらおうと、土木にまつわるクイズ動画を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信している。この取り組みが評価され、公益社団法人土木学会が主催する「土木広報大賞」で、教育・教材部門の優秀部門賞に選ばれた。同社の江口充社長は「お堅いとか厳しいというイメージを払拭(ふっしょく)して、業界全体を盛り上げたい」とますます意気込む。(坂麻有)
 動画は「土木Q(どぼきゅー)」と題し、クイズ形式でさまざまな用語や道具などを紹介する。江口社長が出題し、現場になじみがない経理担当の女性社員二人が回答するスタイルで進行する。資材を運ぶ一輪車「ネコ」や、土を盛る高さの目印とする丁字のくい「トンボ」など専門用語に悩みながら、珍回答を繰り出す二人の様子が楽しめる。
 同社では、新型コロナ禍で対面での採用活動が難しくなった一昨年ごろから、動画投稿を本格的に開始。土木Qの動画は一年前から計十一本配信し、子どもたちや土木業界への就職を目指す高校生らに視聴されているという。江口社長は「今回の受賞で動画制作の励みになった。公共工事などで地元のために働く土木業界の役割を楽しく知ってもらいたい」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報