本文へ移動

パターさえた松山英樹、スコア伸ばし50位に【米男子ゴルフ】

2022年2月20日 11時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山英樹(AP)

松山英樹(AP)

◇19日 米男子ゴルフ ジェネシス招待第3日(米カリフォルニアナ州、リビエラCC)
 松山英樹(29)=レクサス=は6バーディー、3ボギーの68、通算3アンダーに伸ばして、前日の60位から50位に上がった。ホアキン・ニーマン(チリ)が通算19アンダーにして、初日からの首位を守った。
 松山はパッティングがさえた。開始の10番でエッジから5メートルを沈め、11番もグリーン奥カラーから3・5メートル、12番は5メートルを入れて、3連続バーディーで発進。後半も1番と2番で2~3メートルを決めた。首位のニーマンが独走態勢に入りつつある優勝戦線からは取り残された形だが、調子は上昇気配。プレー後に言葉は残さなかったが、練習場ではアイアンを中心にドライバーまで丁寧にスイングをチェックし、たっぷり1時間調整した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ