本文へ移動

認知症、家族らに安心を 豊明市社協が事故賠償保険料を負担

2022年2月20日 05時00分 (2月20日 10時51分更新)
認知症高齢者個人賠償責任保険のチラシを手にPRする市社協職員=豊明市の市総合福祉会館で

認知症高齢者個人賠償責任保険のチラシを手にPRする市社協職員=豊明市の市総合福祉会館で

 豊明市社会福祉協議会は昨年八月から、徘徊(はいかい)の恐れがある認知症高齢者らが起こした事故の損害賠償を最大一億円まで補償する保険について、個人の保険料を負担する事業を実施している。認知症男性の遺族が、高額賠償を求められた電車事故をきっかけに、公費で民間の賠償保険に加入する自治体が相次いでいるが、社協が独自に行うのは全国でも珍しいという。 (平木友見子)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報