本文へ移動

高木菜那が転倒の北京五輪チームパシュート、関口宏は「このゲーム好きなんだ」高い関心

2022年2月20日 10時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子団体追い抜き決勝を終え、高木菜那(中央左)に寄り添う高木美帆(左)、押切美沙紀、佐藤綾乃(右)

女子団体追い抜き決勝を終え、高木菜那(中央左)に寄り添う高木美帆(左)、押切美沙紀、佐藤綾乃(右)

 20日に放送されたTBS系情報番組「関口宏のサンデーモーニング」では、最終コーナーで高木菜那(29)がまさかの転倒で金メダルを逃した女子団体パシュート(15日決勝)を紹介。司会の関口宏(78)は「僕はこのゲーム好きなんだ」と感想を語った。
 レースのVTRを見た関口から「銀メダル取ったけど、というところはありますよね」と感想を求められた長野五輪銅メダリストのゲスト、岡崎朋美さん(50)は「終盤、オリンピックレコードを超えるくらいの猛スピードでいったので高木菜那選手も極限状態で乳酸たまりまくり。なおかつ後半、(高木)美帆選手が(スピードを)上げたんですね。カーブは遠心力でG(重力)がかかるので、ちょっとのバランスを崩したときに修正が利かなくなって、菜那選手が飛んでいってしまった。残念なんですけど、でも銀メダルなので、良く頑張ったと思います」と分析。
 関口が「残念なのは昨日もね、お姉さん(菜那)の方は(マススタートで)アクシデントがありましたね」と振ると、岡崎さんは「今回は氷に嫌われちゃったのかなという感じですかね。でも頑張りました。あっぱれです」とスマイルを見せた。
 関口はご意見番の上原浩治さん(46)に「パシュートどうですか? 僕はこのゲーム好きなんだ。面白い。日本人って(隊列)きれいでしょ」と話し掛けるなど、パシュートへの高い関心を示していた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ