本文へ移動

藤沢五月「しっかりと自分たちらしい試合を」 日本代表ロコ・ソラーレ、夢に見た決勝戦へ調整【北京五輪カーリング】

2022年2月19日 16時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
公式練習で真剣な表情の藤沢五月

公式練習で真剣な表情の藤沢五月

◇19日 北京五輪 カーリング女子 決勝前日練習(北京)
 強豪・スイスを前夜の準決勝で破って20日の決勝進出を決め、日本史上初の銀メダル以上を確定させたロコ・ソラーレの日本代表メンバーが調整した。
 取材に応じたスキップ藤沢五月(30)によると、練習の参加は個々の判断といい、サード吉田知那美(30)は休んだ。「私も休もうか迷ったけど、ルーティンとして残してもいいかな」と藤沢。試合が始まってから氷上で毎日練習していたため、石と氷の感覚を体で確かめておきたいと参加した。
 思い出すのは観客席で見守った4年前の決勝戦。隣には吉田知がいた。「『あそこに立ちたかったね』って言葉を交わしたことをすごく覚えている。そこに立てるというのが本当にうれしい」
 チームの4年前との勝ち上がり方とも重ねる。前回も1次リーグ最終戦で敗れて、他国の勝敗で準決勝に勝ち上がった。「似たような状況から決勝の舞台に立つ。成長した姿を準決勝で見せられたからこそ、満足するのはもったいない。しっかりと自分たちらしい試合を明日したい」と語った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ