本文へ移動

高野連「顎ガードつきヘルメット」使用を認める 選手の安全性向上

2022年2月18日 20時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
甲子園

甲子園

 日本高校野球連盟は18日、本年度から「顎ガードつきヘルメット」の使用を認めると発表した。
 プロ野球では「Cフラップ」の名称で使われるようになっていたが、アマチュア野球では昨年まで安全性を認証する「SGマーク」のない用具だったため使用できなかった。
 メーカーがSGマークのついた用具を開発したことから、選手の安全性を高めるため、大学野球とともに採用を決めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ