本文へ移動

最新機器のデータに経験豊富なコーチの助言…宮国、完全復活へ試せるものは何でも試す【DeNA】

2022年2月18日 17時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
センサーがついたスーツを着て投球練習をするDeNA宮国

センサーがついたスーツを着て投球練習をするDeNA宮国

◇18日 DeNA春季キャンプ(沖縄県宜野湾市)
 宮国椋丞(りょうすけ)投手(29)がブルペンで動作解析機器「オプティトラック」を装着し、データを収集。一方で、巨人時代から師事する小谷コーチングアドバイザーの助言を受けた。
 1軍練習は休み。中日との2軍の練習試合が雨で中止となり、強風の中、宮国は黒いウエットスーツのようなものを着込んで登場した。39個の白色センサーがちりばめられた“黒装束”姿で、ブルペン捕手相手に投球。リリースの位置、平行移動の時間、回転の速さ、軸のバランス、重心の位置などあらゆるデータを計った。
 「寒かった。沖縄をなめていました」。午前中は気温15度に満たず、強風。地元出身の宮国ならではの会心のジョークを飛ばすと「昨年から使わせていただいているので比較できる。いい方向に向かっていることを信じている」と端正な顔をほころばせた。
 一方で、小谷さんから左脚や右手の使い方を細かく教わった。「リズム、タイミングをよく言われる」と言う。コーチ歴40年超の経験からくる言葉は重かった。
 最新機器のデータと経験豊富なコーチの助言。
両立は可能だが、さじ加減は難しい。「どっちも大事なのでフィードバックしてもらう。自分の解釈や感覚が大事なので、つぶさないように意識していきます」。昨季は巨人を自由契約になり、DeNAで育成からスタート。9月に1518日ぶりの復活勝利を挙げた男は自身の経験をよりどころにしつつ、試せるものは何でも試し、完全復活を目指す。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ