本文へ移動

<奥三河点描> 田口線ジオラマ

2022年2月18日 05時00分 (2月18日 23時20分更新)

ジオラマで再現した大井川橋梁を渡る模型列車を見下ろす伊藤さん=設楽町清崎の道の駅したらで

 えび茶とクリーム色のツートンカラーの二両編成の電車が、トンネルや橋を抜け、山の間に次々と現れる小さな駅に滑り込む。「下からジオラマを見上げてください。それが川で水遊びする当時の子どもたちの視点ですね」。制作した豊橋市の豊橋南高校で国語教諭を務める伊藤悟良さん(59)=豊川市白鳥町=に促され、見学者たちが中腰でのぞき込んだ。
【関連動画】田口線のジオラマ
 半世紀前に廃線となった豊橋鉄道田口線(前身・田口鉄道)は、ジオラマファンの間で人気が高い。中でも各地のイベントで注目されるのが、伊藤さんによる二つの作品だ。
 伊藤さんはもともと鉄道ファンではなかった。だが約十五年前、長男にNゲージ(縮尺百五十分の一)の鉄道模型を買い与えたことなどをきっかけに、ジオラマ制作を思い立った。「少しやって、しんどいものにのめり込んでしまったことが分かった」と苦笑する。
 七年かけて完成した一作目は五千四百平方センチの大きさ。その中に小さな三河田口駅、三河大石駅、鳳来寺駅のほか、「高鉄橋」と呼ばれた第四寒狭川橋梁(きょうりょう)や、電車がパンタグラフを低くして走行した双瀬隧道(ずいどう)などの見どころを凝縮した。第...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧