本文へ移動

フィギュア坂本花織が銅メダル!最終滑走ワリエワは転倒響き4位【北京五輪】

2022年2月17日 23時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子フリー 演技する坂本花織

女子フリー 演技する坂本花織

◇17日 北京五輪 フィギュアスケート女子シングル・フリー(北京)
 日本勢ではトップとなるSP3位の坂本花織(21)=シスメックス=が153・29点をマーク。合計233・13点で銅メダルに輝いた。日本女子では2010年のバンクーバー大会での浅田真央さん以来のメダルを獲得した。
 SPトップでドーピング違反が判明したカミラ・ワリエワ(15、ロシア・オリンピック委員会=ROC)は最終滑走で登場したが、転倒連発で4位に沈んだ。
 坂本はフリー曲「No More Fight Left In Me」の女性ボーカルの歌声に合わせて滑走した。15日のSPでは自己ベストの79・84点を記録し、ロシア・オリンピック委員会(ROC)のワリエワ、シェルバコワに次ぐメダル圏内の3位。その勢いに乗って4分間の演技を終えた。
 日本女子のシングルではバンクーバー大会で浅田真央さんが銀メダルを獲得して以来の表彰台。ただしSP首位に立ち、ドーピング騒動に揺れるワリエワの成績は「暫定」扱いとなる。
 初出場となった前回の平昌大会ではSP5位発進。最終的には6位入賞を果たしていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ