本文へ移動

鋳物鍋、ガス業界が熱い 中部の関連会社、相次ぎ開発

2022年2月17日 05時00分 (2月17日 05時01分更新)
リンナイが販売を始めた「レジェロ」。ガスこんろの自動調理機能をフル活用できるようにしている=同社提供

リンナイが販売を始めた「レジェロ」。ガスこんろの自動調理機能をフル活用できるようにしている=同社提供

  • リンナイが販売を始めた「レジェロ」。ガスこんろの自動調理機能をフル活用できるようにしている=同社提供
  • 東邦ガスが開発した「グルミール」。卓上に置いても映えるようデザインに工夫を凝らした=同社提供
 中部地方のガス関連企業が鋳物鍋の製造に相次いで参入している。新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要などで、鋳物鍋の人気がますます高まる中、自社開発の鍋を市場に投入することで、家庭で十分に活用されてこなかった高機能なガスこんろの性能を引き出しやすくし、利用してもらいたい考えだ。 (酒井博章)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

おすすめ情報