本文へ移動

御嶽山防災協提出資料に「八丁ダルミ」の規制緩和を明示 王滝村

2022年2月15日 05時00分 (2月15日 14時47分更新)
 御嶽山の山頂・剣ケ峰(三、〇六七メートル)と王滝頂上(二、九三六メートル)を結ぶ尾根筋「八丁ダルミ」で、二〇一四年九月の噴火災害以降続いている登山道の入山規制について、王滝村は二二年度に安全対策を進めて規制緩和する方向性を、長野、岐阜両県などでつくる御嶽山火山防災協議会へ提出する資料で示した。時期は明示していない。村は昨秋、緩和の意向を固めていた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧