本文へ移動

二宮和也、学園もの共演から15年 多部未華子と今度は夫婦役 4月スタート、TBS系ドラマ「マイファミリー」

2022年2月15日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「山田太郎ものがたり」以来15年ぶりに共演する二宮和也(左)と多部未華子

「山田太郎ものがたり」以来15年ぶりに共演する二宮和也(左)と多部未華子

 アイドルグループ「嵐」の二宮和也(38)が、4月にスタートするTBS系日曜劇場「マイファミリー」(日曜午後9時)に主演することが14日、分かった。連ドラへの出演は、同枠の「ブラックペアン」(2018年4月期)以来4年ぶりで、夫婦役を演じる女優の多部未華子(33)とは同局の「山田太郎ものがたり」以来15年ぶりの共演となる。娘を誘拐された夫婦が、警察の力を借りることなく二人三脚で誘拐犯に立ち向かう家族の絆の物語だ。
 私生活でもゲーマーとして知られる二宮が演じるのは、時代の寵児(ちょうじ)と持てはやされているゲーム会社の社長・鳴沢温人(なるさわ・はると)。湘南・鎌倉に家を構え、妻と小学生の娘を持つ父親でもある。多部がふんする妻・未知留(みちる)は、SNSのフォロワー数が1万人を超えるちょっとセレブな奥さま。しかし夫婦の間には、一筋縄ではいかない何かがありそうな予感。そんな2人の娘が誘拐されてしまう。
 誘拐犯からの指示により、警察を排除することが娘を救う唯一の方法。温人と未知留は力を合わせて誘拐犯と戦っていくことを決意する。家族に協力する親友たち、翻弄(ほんろう)される警察、時に利用しようとたくらむ会社…さまざまな立場の人間が誘拐事件によって、その人生を一瞬にして劇的に変えられてしまう。そして、人生最悪の事態に見舞われた家族の絆が試される。
 二宮と多部は、07年7月期の「山田太郎ものがたり」で学園ドラマの主人公とヒロインとして初共演してから今年で15年。今作で2人が演じる夫婦も、大学時代に出会い、15年以上の時間を共に過ごしている設定という。2人の信頼関係が、夫婦というフィクションをよりリアルに作り上げていく。
 二宮は「4年ぶりの連続ドラマで、まさかの15年ぶりの多部さんとの共演。感慨深く、とてもうれしく思います。健康にも気を付けながら、とにかく楽しい現場を目指し、毎週皆さまにエンターテインメントを届けられるように頑張ってまいります!」と意気込んでいる。
 多部も「『山田太郎ものがたり』からもう15年もたつのか!と時の早さに驚いていますし、二宮さんとの久しぶりの共演にドキドキしています。『マイファミリー』は、ハラハラするストーリーではありますが、それだけではなく、家族や愛、友情の物語でもあると伺っていますので、個人的にはそちらの部分もたくさん大切にしていきたいと思っています。皆さまに楽しんでいただける面白いドラマにしたいと思います。頑張ります!!」とコメントを寄せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ