本文へ移動

三山ひろし、義母・松前ひろ子とジョイントコンサート 「母というより偉大な師匠」

2022年2月13日 18時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンサートに臨んだ松前ひろ子(左)と三山ひろし

コンサートに臨んだ松前ひろ子(左)と三山ひろし

 演歌歌手の松前ひろ子(72)と弟子の三山ひろし(41)が13日、東京・中央区の日本橋三井ホールでジョイントコンサート「春便り~歌心をあなたへ~」を開いた。
 毎年11月22日の“いい夫婦の日”に、松前が夫の作曲家、中村典正さんと開いていた恒例のディナーショーを、新たに三山とのステージとして復活させた。2019年に中村さんが亡くなってから新型コロナの影響もあり、3年ぶりに実現した。
 ステージでは600人のファンを前に、2人が新曲のデュエットソング「人生援歌」やそれぞれの代表曲などを熱唱。師弟の熱い競演で楽しませた。
 三山は12年に松前の次女と結婚。プライベートでは義理の母になる松前は「私は一度も三山君から『お母さん』と呼ばれたことがなくて。いつかお母さんと呼んでほしいな」。義母の願いに三山は「松前ひろ子は母というより、偉大な師匠ですから」と照れていた。
 また、“けん玉大使“として、けん玉の普及に努める三山は、けん玉が得意なフィギュアスケートの羽生結弦選手に「ぜひけん玉の検定も受けていただき、けん玉の良さを広めていただきたい!」と呼び掛けた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ