本文へ移動

ワクチン追加接種が本格化する前に第6波は収束?久住英二医師「政府の無策、無能ぶりが目に余る」

2022年2月13日 13時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
久住英二医師

久住英二医師

 テレビ朝日系情報バラエティー番組「中居正広のニュースな会」などで新型コロナウイルスにコメンとするナビタスクリニックの久住英二医師が13日、自身のツイッターを連続更新。風邪症状での受診が激減、第6波の収束が近づいている兆しがあることを医療現場から発信した。
 欧米諸国に比べて遅れている3回目ワクチンの職場接種の前倒しが限定的で、申し込みが伸び悩んでいるとの新聞記事を添付し「3月から(ワクチンの)追加接種が本格化するらしいが、すでにオミクロンはピークを越えつつあり、接種率は極めて低調になろう。政府の無策、無能ぶりが目に余る」と批判した久住医師。
 「今日は新宿で外来(診療)していますが、風邪症状で受診される方、激減しました」と日曜診療の現場の雰囲気を報告し「(ワクチンの)追加接種が全然進まない中で、多くの犠牲者を出しつつ、第6波は終焉(しゅうえん)します」と改めてワクチン接種が大幅に遅れている現状を厳しく指摘した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ