本文へ移動

劇団俳優座と俳優座劇場がユーチューブ「劇チャン」立ち上げ「舞台を支えるレジェンドの職人芸も紹介していきたい」

2022年2月13日 13時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
共同で動画配信を始めた(右から)俳優座劇場の宮澤一彦さん、劇団俳優座の有馬理恵、脇田康弘、志村史人

共同で動画配信を始めた(右から)俳優座劇場の宮澤一彦さん、劇団俳優座の有馬理恵、脇田康弘、志村史人

 1944年創立の老舗劇団「俳優座」と54年に開館した東京・六本木のランドマークでもある俳優座劇場が共同配信するユーチューブチャンネル「俳優座ユナイテッドの劇チャン」が開設され、2024年の新劇100年の節目に向け、さまざまなコンテンツ発信をスタートさせた。
 新劇を代表する劇団と、自由な芸術創造拠点としての劇場は別組織ではあるものの、劇団創立10周年記念事業として六本木地域の支援・厚意で劇場が誕生した経緯がある。
 動画配信は10日に「老舗劇団とレトロな劇場が動画始めました!」とスタート、俳優らの対談などを連日更新している。
 今後のコンテンツなどについて、劇団俳優座社長で女優の有馬理恵(49)は「劇団所属の役者の自己紹介だけでなく、舞台を支える、レジェンドとも言えるスタッフも紹介していきたい。デジタル万能の時代に舞台では決して見えない職人芸を動画で見せたいんです」と語る。
 例えば、舞台に合わせ無から作りあげる小道具担当、音の演出スタッフ、照明担当の職人たちだ。有馬は「緞帳(どんちょう)を上下させる技にも“流派”があって、それぞれにマニアックな世界がある。そうしたレジェンドたちの舞台裏の仕事を取り上げることに意義がある」と力を込めた。
 「劇団員たちがほとんどのギャラを劇場開館のために供出していた」「地元・六本木をめぐるさまざまなエピソード」など劇場誕生に至った知られざる秘話も今後、紹介されるという。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ