本文へ移動

羽生結弦のジャンプに外国人記者も拍手 運命のフリー…午後1時14分滑走予定【北京五輪フィギュア男子】

2022年2月10日 10時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子フリーを控え、練習に臨む羽生結弦

男子フリーを控え、練習に臨む羽生結弦

◇10日 北京五輪 フィギュアスケート男子フリー(北京)
 朝の公式練習が行われ、ショートプログラム(SP)で8位と出遅れ、五輪3連覇が厳しくなった羽生結弦(27)=ANA=はSP以来2度目の本番リンクで氷の感触を確かめながら最終調整した。
 1回転アクセルを4度跳んで体を温めてから、短いタイミングで3回転アクセルを2度着氷。なぜか記者席の外国人記者が腕を上げて、拍手を送っていた。
 4回転トーループからの3連続ジャンプ、4回転―3回転の連続トーループも成功。SPで不運に見舞われた4回転サルコーはきれいな軸を保って降りた。演目をイメージしながら振り付けを確認していた。
 ところが、与えられた35分間の練習を20分で早々に切り上げ、リンクを後に。それから4分後。会場には「天と地と」が響いていた。
 羽生の巻き返しが期待されるフリー演技は同日午後1時14分からスタートする。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ