本文へ移動

羽生結弦の4回転半、北京に入ってから成功へより近づいている【村上佳菜子スマイルレポート】

2022年2月10日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
演技を終えた羽生結弦

演技を終えた羽生結弦

 10日の男子フリーは相当なハイレベルの戦いになります。構成の難度を上げてきた羽生結弦選手の鍵を握るのはやはりクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)だと思います。
 全日本選手権の時、成功の認定とはなりませんでしたが、かなり形は見えてきているように思いました。それから約1カ月の調整でさらに練習を積み重ね、より成功までの光が近づいているように思います。
 成功へのポイントは2つあると思います。まずは跳び上がりから軸に入るまでの、タイミングの早さです。0コンマ何秒の世界ですが、跳び上がってから素早く軸を作るタイミングを合わせられるかどうか。2つ目のポイントは片足(左回転なので右足)で着氷する感覚をつかむことができるかだと思います。北京に入ってから、練習で何度か片足で着氷しようとする意識が見てとれましたので、成功へより近づいていると私は見ています。
 もう1つ、フリーでのポイントはコンビネーションジャンプです。今回から、トリプルアクセル(3回転半)―3回転ループという難易度の高い連続ジャンプを組み込む予定です。しかし、羽生選手にとっては、それほど負担にはならないでしょう。全体の基礎点がより高いので、しっかり決めてGOE(出来栄え点)で加点を狙いたいところです。
 鍵山優真選手は、4回転ループが最大のポイントです。団体戦でのいいイメージのまま臨んでほしい。宇野昌磨選手のフリーもかなりの高難度です。持っている技術からすればノーミスは十分可能ですので、練習通りに演技できるかどうか。「北京は中京大学のリンクと変わらない」くらいの平常心で挑戦してほしいです。(プロフィギュアスケーター、ソチ五輪代表)
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ