本文へ移動

ドーピング疑惑?脅迫報道?ROCワリエワらフィギュア団体金の4選手が練習休む 海外メディアが報道

2022年2月9日 17時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワリエワ(AP)

ワリエワ(AP)

 8日夜に予定されていた北京五輪のフィギュアスケート団体のメダル授与式の延期が9日に国際オリンピック委員会から発表され、団体で金メダルとなったROC(ロシア・オリンピック委員会)の4選手が9日の練習を休んだ。米紙USAトゥデーでコラムニストを務めるクリスティーヌ・ブレナンさんが自身のツイッターで伝えた。
 「情報筋によると、(女子の)カミラ・ワリエワ、(男子の)マルク・コンドラチュク、ペアのミシナ/ガリアモフで、アイスダンスの選手は練習した」とつづったほか、「情報筋が疑問に感じている点として、あした(10日)のフリーで滑る予定のコンドラチュクが練習にいなかったこと」とも指摘した。
 五輪の専門メディアは、ROCにドーピングの疑惑が浮上していることを伝える一方で、ロシア紙のスポーツエクスプレス(電子版)は8日の男子ショートプログラムで羽生結弦(ANA)がリンク上の溝にはまってジャンプをミスしたことで、その前の順番で滑ったROCの選手が羽生ファンから殺害の脅迫を受けたとも報じている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ