本文へ移動

北区・井伊谷宮 創建150年を記念し御朱印帳制作

2022年2月9日 05時00分 (2月9日 10時06分更新)
創建150年を記念して制作した御朱印帳=浜松市北区の井伊谷宮で

創建150年を記念して制作した御朱印帳=浜松市北区の井伊谷宮で

 浜松市北区の井伊谷宮は今月に創建百五十年を迎えるのを記念し、祭神の宗良親王の肖像や和歌などをあしらった二種類の御朱印帳を制作した。
 宗良親王は後醍醐天皇の子で、南北朝時代に南朝方として活躍。各地を転戦する中、井伊谷で亡くなったとされる。一八七二(明治五)年二月、明治天皇の勅旨により、最期の地に井伊谷宮が創建された。
 御朱印帳は、親王の肖像をあしらった朱色タイプと、親王が愛したスモモの花を描いた紺色タイプの二種類を用意。ともに、宗良親王の代表歌の一つ「君が代を 絶えせず照らせ 五十鈴(いすず)川 吾(われ)は水屑(みくず)と 沈み果つとも」の文字があしらわれている。自らを鼓舞する親王の強い思いを詠んだ歌で、御朱印帳を持つ人へのエールの意味を込めた。
 井伊谷宮は創建百五十年の関連事業として、今春にすずりの展示会、今秋に奉祝記念大祭などを予定している。権禰宜(ごんねぎ)の岡部訓亮さんは「新型コロナウイルスの感染状況を見極めながら、多くの人と一緒に節目を祝うことができれば」と話していた。
 御朱印帳は境内で頒布中。二種類とも千五百円、御朱印付きは二千円。(問)井伊谷宮=053(542)0355  (小佐野慧太)

関連キーワード

おすすめ情報