本文へ移動

宇野昌磨、SP105.90点 暫定1位に【北京五輪フィギュア男子】

2022年2月8日 13時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇野昌磨

宇野昌磨

◇8日 北京五輪 フィギュアスケート男子シングル・ショートプログラム(SP)
 平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(24)=トヨタ自動車、中京大=が、105・90点をマークした。
 今季のSP曲「オーボエ協奏曲」のメロディーに乗って演技を終え、日本勢のフィギュア個人戦では羽生に続く2大会連続でのメダル獲得に向けて滑り出した。
 銅メダルを獲得した団体で4日の男子SPに出場し、今大会初の演技で3つのジャンプをすべて滑らかに着氷。自己ベストの105・46点となる会心の滑りをみせ、フラワーセレモニー後には「この4年間で日本がこれだけレベルが上がって銅メダルを取るところまで成長したということにとても感激しています」と話していた。
 新型コロナウイルス感染で北京入りが遅れていたステファン・ランビエルコーチ(36)も6日の練習から合流。信頼するコーチの存在も力に、北京でも表彰台を目指す。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ