本文へ移動

金メダルを“取りに行った”高木美帆「完敗だった」櫻井翔のインタビューで悔しさあらわ【北京五輪】

2022年2月7日 20時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子1500メートルで銀メダルを獲得し、セレモニーで笑顔を見せる高木美帆

女子1500メートルで銀メダルを獲得し、セレモニーで笑顔を見せる高木美帆

◇7日 北京五輪 スピードスケート女子1500メートル(北京)
 この種目の世界記録保持者の高木美帆(27)=日体大職=は1分53秒72の2位となり、前回2018年平昌大会(2位)に続いて2大会連続の銀メダル。日本テレビ系の中継で、スペシャルキャスターを務める「嵐」の櫻井翔(40)からレース後にインタビューを受け、金メダルを逃した悔しさをのぞかせた。
 櫻井「銀メダルおめでとうございます、大変お疲れさまです。大会前に金メダルを取りに行く戦いをしたいとおっしゃっていました。レースを振り返っていかがでしょうか」
 高木美「今回は、前回もそうですけど、今回は特に(イレーン・)ブスト選手(オランダ)に完敗だったなという風に思っています」
 高木美は1分53秒28の五輪新をマークしたブストに0秒44及ばなかった。前回18年平昌大会に続いて“女王”に金メダル獲得を阻まれた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ