本文へ移動

湯川れい子さん、新型コロナ闘病の日々を報告「既往症を持つ患者さんと高齢者の重篤度がここまで危険で苦しいとは」

2022年2月6日 20時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
湯川れい子さん

湯川れい子さん

 作詞家で音楽評論家の湯川れい子さん(86)が6日、ツイッターを更新し、17日間におよぶ新型コロナウイルス感染による闘病の日々を報告。「若い人と違って、既往症を持つ患者さんと高齢者の重篤度がここまで危険で苦しいとは認識していませんでした」などと自らの体験を通じて思いをつづった。
 22日に発熱、23日に市販のPCR検査キットで陽性を確認し、医療機関であらためて受けたPCR検査で27日に陽性が判明、その後自宅療養から入院に切り替わったという。
 「今日は高齢者や既往症を持つ患者さんが他界しておられます。私も肺炎による既往症はあったものの、血液中の酸素濃度が高かったこともあって自宅で闘病。5夜を経て高熱。絶え間ない吐き気と咳と血痰。胃腸炎、気管支炎で入院。8昼夜苦しんで、現在は静養中です」とこれまでの病状を振り返った。
 続けて「やっと携帯を読む事は出来るようになりましたが、17日間の闘病で極度の衰弱のため、今日から1週間、入院静養に勤めることに。くれぐれもご両親や身近な方々に、配慮して差し上げて下さい!!」と呼び掛けた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ