本文へ移動

<西尾市PFI問題> 一色町役場跡にプール検討

2022年2月5日 05時00分 (2月5日 11時16分更新)
市民プールを建設する検討を始めた旧一色町役場の跡地=西尾市一色町で

市民プールを建設する検討を始めた旧一色町役場の跡地=西尾市一色町で

 西尾市が進める民間資金活用による社会資本整備(PFI)事業の見直し問題で、市は旧一色町役場を解体後、市民プールを建設する検討を始めたことが関係者への取材で分かった。財政負担の軽減を図ることなどを理由に「庁舎を解体し、敷地を売却する」としていた方針を転換し、跡地の利活用も選択肢に入れた。二〇二六年度ごろの新設を目指す。 (角野峻也)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧