本文へ移動

「開始5分で東京の開会式を超えた」「プラカード持ってる方、雪の妖精みたい」北京五輪開会式で様々の声

2022年2月4日 21時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プラカードを持った『雪の妖精』を先頭に、入場する日本選手団(AP)

プラカードを持った『雪の妖精』を先頭に、入場する日本選手団(AP)

 北京五輪の開会式が4日、北京市内の国家体育場で始まり、SNS上では「演出すごいな」「北京オリンピックの開会式始まった瞬間に東京オリンピックの開会式の負けを悟った」「クオリティーが高すぎてなんか悔しいな」などの声が続出した。
 ツイッター上では「今日もEテレで手話の人と北京オリンピックの開会式観(み)る」とのつぶやきが続々と。
 「紅いコーリャン」などの作品で知られる世界的な映画監督チャン・イーモウさんが総監督を務め、花火や映像をふんだんに使った演出が続くと「人権や国関係なく芸術的な開会式」「カウントダウンからして東京オリンピック開会式を超えている。まあ、総監督がチャン・イーモウだもんな」との声が。「開始既に5分で東京の開会式を超えた」「(選手入場の)プラカード持ってる方の衣装可愛い。雪の妖精みたい」などの声が相次いだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ