本文へ移動

連絡待ち陽性者1500人、電話確認に6日 愛知・春日井保健所

2022年2月3日 05時00分 (2月3日 09時04分更新)
 新型コロナウイルスの感染拡大で、愛知県春日井、小牧両市を担当する春日井保健所が、検査で陽性と判明した人の健康状態などを確認する電話連絡に、六日ほどかかっていることが分かった。二日時点で約千五百人への連絡が滞っている。
 医療機関の検査などで陽性と判明した場合、医療機関は患者と保健所に伝える。保健所は健康状態の確認や濃厚接触者の調査、入院調整などのため、患者に電話連絡している。行動履歴などを詳しく聞くため、一人一時間ほどかかることもある。
 通常は当日か翌日の連絡だが、春日井保健所の担当者は「一月十八日から急激に陽性者が増え、電話機も電話をかける人員も足りない。完全にパンクしている」と説明。陽性者数を正確に把握することも難しい状況という。電話できないまま患者の容体が悪化したケースなどは確認されていない。
 春日井保健所は県の所管だが、春日井市は保健所の要請で職員四人を派遣。小牧市も四人を応援に出したが、三、四両日は十人を追加する。小牧市の山下史守朗(しずお)市長は取材に「市民の安全を最優先に、通常業務を一時的に止めてでも対応したい」と話した。
 愛知県によると、連絡が滞る事態は県所管の十一保健所では「どこでも起きている」という。県の所管は名古屋市と中核四市(豊橋、岡崎、一宮、豊田)以外の保健所。一日から、他部局からの応援職員を百五十人態勢にした。退職した保健師五十人余を採用し、県看護協会や市町村から看護師や保健師を出してもらうなどしているが、それでも足りないという。
 このため県は、高齢者や基礎疾患がある人など重症化リスクが高い陽性者への対応に重点を置いている。連絡が来ない陽性者には「症状が出た場合は医療機関を受診して」と呼び掛け、県ホームページの感染者向けの「生活のしおり」を参照するよう促している。
 名古屋市も保健所の態勢を九百五十人に増員。市幹部は一月三十一日の会見で「患者への最初の連絡を当日、翌日にできるよう態勢を増強した。翌々日になったケースもあったが、何とか翌日までにできるようにしたい」と述べた。
おすすめ情報