本文へ移動

<チャレンジ 岐阜の若手経営者> 瑞穂の貸衣装ウメイチ・梅田益生社長(37)

2022年2月2日 05時00分 (2月2日 11時07分更新)
高品質の貸衣装と写真撮影で顧客の記念日を演出したいと話す梅田社長=瑞穂市馬場春雨町で

高品質の貸衣装と写真撮影で顧客の記念日を演出したいと話す梅田社長=瑞穂市馬場春雨町で

 瑞穂市の貸衣装業「ウメイチ」は、振り袖などを借りた客に本格的な写真撮影のサービスを提供し、業績を伸ばしている。新型コロナウイルスの感染拡大でさまざまな行事がなくなり、貸衣装の需要が落ち込むなど危機に直面。だが、社長の梅田益生(よしお)(37)は「社業は記念日のプロデュース」との信念から地域連携にも取り組み、柔軟な発想で荒波に立ち向かう。 (池内琢)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧