本文へ移動

49歳歴代最年少…次期チェアマンにJ1札幌・野々村芳和会長を選任 J選手時代に今も現役・カズと対戦も

2022年1月31日 20時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
神戸―札幌 競り合う神戸の三浦(左)と札幌の野々村=2001年4月14日、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で

神戸―札幌 競り合う神戸の三浦(左)と札幌の野々村=2001年4月14日、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で

 Jリーグは31日、理事会を開き、役員改選に伴ってJ1札幌の野々村芳和会長(49)を第6代の次期チェアマンに選任する人事案を承認した。歴代最年少で、Jリーグでプレー経験のある初のトップ。カズこと三浦知良(54)と対戦=写真=したこともある。3月15日の総会、理事会を経て、正式に新体制が発足し、上限となる4期8年を務めた村井満チェアマン(62)は退任する。
 野々村さんは慶大を経て市原(現J2千葉)、札幌でMFとして活躍した。J1、J2通算154試合出場、8得点。2013年に札幌の社長に就任し、クラブの経営基盤を安定、拡大させながら、J1に定着させた。
 野々村さんは「より良いサッカーの作品を毎週、提供するという当たり前のことを意識しながらやっていく。それが、いろんなことを決めていく上で最も大事な基軸になる」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ