本文へ移動

酒井宏樹がサウジの左サイド封じるぞ!「抑える方法は何十通りもある」【サッカーW杯アジア最終予選】

2022年1月31日 20時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボール回しで笑顔をみせる酒井宏樹(左、右は伊東純也)

ボール回しで笑顔をみせる酒井宏樹(左、右は伊東純也)

 サッカー日本代表は2月1日、2022年W杯カタール大会アジア最終予選B組第8戦のサウジアラビア戦(埼玉スタジアム)に臨む。サウジは左サイドが攻撃の起点となるため、伊東純也(28)、酒井宏樹(31)の右サイドが機先を制すことで勝利をたぐり寄せるかもしれない。
 真っ向勝負のぶつかり合いが予想される中、酒井は「彼らのストロングポイントはやっぱり左サイドなのでどれだけ抑えられるかが大事になる。抑えるための方法は、大げさにいえば何十通りもある。それを試しながら試合中何が合うのかを考えたい」とイメージを膨らませた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ