本文へ移動

ホープ戸上「自分の物語はまだ始まったばかり」次々格上撃破し男子シングルス制す【卓球全日本選手権】

2022年1月30日 19時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子シングルスで松平健太を4-2で破り、初優勝を飾った戸上隼輔

男子シングルスで松平健太を4-2で破り、初優勝を飾った戸上隼輔

◇30日 卓球 全日本選手権 男子シングルス決勝 戸上隼輔4-2松平健太(東京体育館)
 格上の実力者を次々と撃破して男子の頂点に立った戸上隼輔(20)=明大=は「自分の物語はまだ始まったばかり。まずはこうして日本のトップに立ててほっとしている」と喜んだ。
 強烈な両ハンドドライブで連続攻撃を繰り出す超攻撃型タイプ。現在の世界の潮流に乗ったスタイルで、昨年から急成長を遂げた「パリ五輪世代」のホープだ。
 男子は水谷隼が東京五輪後に引退。4月の世界選手権団体戦(中国)の代表に決まった戸上は「水谷選手がいなくなったことをプラスに捉えている。1つ枠が空いた。パリは自分が引っ張りたい。日本を背負う覚悟を持って頑張る」と表情を引き締めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ